こんにちは、ソライロの飯田です。

31になりました、丸善さんで焼き肉を食べてお祝いしてもらいました。

2014-11-25-20-27-02

こんな年になって、ネーム入りケーキもらいました。
恥ずかしいですが、嬉しく思います

2014-11-27-11-57-07

僕にはたまらない本なんですがこちらももらいました
500ページ近くあるお馬さんの図鑑です。

31歳も悔いなく、頑張って行きたいと思いますのでよろしくお願いします。



先日、お話をした亜鉛の記事から更に突っ込んで
髪と食べ物の話をしたい思います。

前回の記事は→ コチラ

まず、1番大事な物です。

髪の毛の原料であるタンパク質。
とくに髪はケラチンというタンパク質が必要です。
で、このケラチンの原料となるアミノ酸なんですが、
体内で合成することは出来ません。
要するに食べないと原料の補充が出来ません

タンパク質には動物性と植物性がありますが、
毎日両方摂るようにした方がいいです。 
動物性と植物性では構造が違うのと
髪はケラチン以外にも20種類近くのタンパク質から
構成されているので色々食べるのが正解です。

動物性タンパク質 肉、魚、タマゴ
植物性 タンパク質 大豆、とうもろこし、玄米

この中で特に大豆はオススメです。吸収しやすいみたいです。 
また後にも書きますが、納豆はすごくイイです。

しかし、原料のタンパク質だけ摂っても髪は育ちません。
体内でタンパク質は一度アミノ酸に分解されます。
それを髪のタンパク質に合成する成分が必要になります。
それを促すのが

亜鉛・ビタミンB6・鉄 

亜鉛 牡蠣、レバー、肉、大豆、チーズ
ビタミンB6 マグロ、いわし、サバなど青魚、バナナ
 レバー、ほうれん草、大豆食品 

また 、大豆食品出てきましたね。

これで健康な髪を作る、ベースが出来上がったわけですが、
キレイに見せるにはツヤが不可欠になります。 

このツヤの元になるのがムコ多糖体の一種コンドロイチンという成分です。
ムコ多糖体と言うのは納豆、山芋、オクラなどのネバネバの部分です。
ワカメにも入ってます。
これを摂るとうるおいの保持、保湿効果があります。 

あと髪の細胞同士をつなげる、のりの役目をするコラーゲンも大事です。 
鶏皮、手羽先、豚足、エビ、カレイ、うなぎなどに多く含まれています。
でこのコラーゲンののりの働きを強くするケイ素も摂るとなおイイです。

ケイ素
 玄米、ホタテ、豆類、レバー、ほうれん草、とうもろこし

とまあ、いろんな食品書きましたが、けっこう重複してるものあります。
納豆にわかめ入り味噌汁。
いかにも定番な日本食ですが、
これだけでタンパク質・亜鉛・鉄・コンドロイチンが摂れます。
結局は何でもバランスよく食べないといけないんですが、
自分の髪で気になる部分がありましたら、
すこし意識して食べるのもイイと思います。
ツヤ、うるおいが気になるなら、ネバネバ食べるなど。

今日も読んでもらって、ありがとうございました。



今週の予約状況の確認は



ソライロのお休みは
 


hair&relax ソライロ
〒626-0043
宮津市惣395-1

営業時間 9:00-19:00
公休日 月曜日・第3火曜日 平日の祝日
お問い合わせ 0772-45-1881